カテゴリ:My Life( 3 )

最近、お誕生日を迎えて…
ついに37歳となりましたー!
歳の数ほど、大人じゃないなぁ(/ _ ; )
ある意味、昔のほうが気持ち的には
老けていたような…笑。

見た目はもちろん老いてきています。
口にするもの、健康面からできる範囲で
気をつけていますが、やはり歳はとる。
それが自然の摂理なのです。

わたしは歳を重ねることを
ただ嫌なことにしておきたくなかった。
なぜなら…その受け止め方がその人自身の
生き方となり、また生き方(過ごし方)が
外側に現れてきますよね。

歳を重ねるほどに生きてきた時間や
充足感など内側から溢れてきて顔の相となる。
柔らかいお顔か、きついお顔か、優しいお顔か
すべて自然とにじみ出てくるもの。

若いうちに美しいのは自然なことです。
だって細胞が若いから!笑
そこは永遠に同じではいられない。
誰しも生まれた瞬間から死に向っています。

歳を重ねて得られるもの
やはりそれは生きてきた経験から生まれた
知恵、ゆとり、包容力、豊かな感情
それが人となり、また内側からにじみ出る
美しさとなる。

もちろん外側からケアすることも大切だし
ほどよい美意識も大切。
そこには努力も必要です。
ただ、そこに執着しすぎて本来の美しさを
損ねては勿体無いです。

健康な心と身体に美しさはあります。
身体だけではなく
自分の心もケアして見つめていく
バランス感覚が大切なのでしょうね。
あと客観視すること。

歳を重ねたほうが肩の力が抜けて
私は今のほうが生きるのが楽しい。
そして、これからもたくさん笑って、
感情豊かに歳を重ねていきたいです。

好きでやっているヨガは自然と続いていて
頑張っている感がありません。
ぐーたらな私にぴったり!笑
これからも、ヨガと共に(^-^)
e0354452_22263364.jpeg

[PR]
by yoga_family | 2016-03-26 21:31 | My Life

許すことは緩むこと(^-^)

長いことブログを放置していましたが、元気です(笑)
今日は久しぶりに言葉が浮かんできたので、書いてみたくなりました。

完璧にひとりで何でもこなせることよりも
素直に自分の気持ちを表現できたり
(楽しい、悲しい、寂しい、うれしい、好き)
時には人の手を借りてみたり
ぐーたらしてみたり(笑)

そういった心の柔軟性って
とても大切だなぁと思います。
(あっ、でも基本は他力でなく自力ですよ。)

人って不完全だから、愛おしい
失敗の中にも学びがある
いろいろな立場で様々な感情を経験して
はじめて知ることって幾つになってもありますよね。

未知の世界があるからワクワクするし
頭でっかちになるより
感じること、あるがままでいることを
大切にしていけたらいいなぁ。
それが今を生きるということ。

決してスマートじゃなくても
遠回りしても
私は自分に素直な人が好き。
そして、自分もそうありたいなぁと思います。

許すことは緩むこと。
自分に優しくすると不思議と人にも寛容になる。
自分の素直な気持ちを許すことは
自分を受け入れることでもあります。

許すって奥深いようです。
人生って面白い。意識が変わると現実も変わる。
必ずしも頑張りだけで物事は動かない。
時には力を抜いて、シャバアサナのように
委ねる、許す、受け入れる、手放す。

頑張っても物事が動かない時は
引き算してみましょう。
タイミングを待つということも大切。

これ、ウソのような本当の話。

だからこそ、心はいつも柔軟に
シンプルでいたいものです。
そろそろ心の断捨離しなくちゃ(笑)

写真はバレンタインに息子とパパから貰ったお花です。
ありがとう^_^
e0354452_22032988.jpeg


[PR]
by yoga_family | 2016-02-23 21:29 | My Life

素☆

いまの平和な暮らしを知っている方は、きっとおどろかれるに違いありません。
e0354452_16123413.jpg
私はいわゆる毒親のもとで大人になりました。理不尽なことで罵倒され、なんど悔し涙を流したことか…数えきれません。人間の尊厳を傷つけられるようなことは、日常茶飯事に起こります。いつだってココロはくたびれ、傷だらけでした。親子関係で悩み消費したエネルギーは計りしれません。おおげさではなく、何の自由もありませんでした。友達付き合いでさえ、制限され反発した10代。20代になってもエスカレートするばかりで好きな人とも、度々引き裂かれました。

こうして文章に書くことが出来ても、ひとに話すことは稀。詳しく話せば話すほど、聞いている方が絶句してしまうからです。そりゃあ、気持ちわかります。信じらないし、想像がつかない世界なのです。

今でも確執は残っています。過去に向き合い、理解しようと努力した時期もありました。親もひとりの人間で未熟な部分があっただけだと…。離れて暮らしていれば被害は少ないですが、今でも悲しい出来事が起きる。もうすっかり良い歳になりましたが、理解の範疇を超えてしまうこともあります。自分が親になった今、子育ての大変さも身にしみて知りましたが…。感謝できる部分あれど、お互いに真の理解は無理だなぁと実感しています。

でも、それで良い!(^-^)

血がつながっているから、分かり合えるとは限らない。血がつながっていなくても、分かり合えることもある。そうなってくると…
家族って、そもそも何なのか?
と思ってしまいます。
血縁がなくたって本物の家族になれる。

私なりの結論ですが…
家族をつなぐものは、血でもなく
愛って一言は、非常に奥深いです。
相手を尊重し、思いやる。
 
それは夫婦でも親子でも友人でも、同じかもしれない。ずっと色褪せることなく続いていく愛情の連続が、やがて絆となり、深いところでつながっていく。
家族って自分でつくるもの、生みだせるもの。

私が生きる希望を失わなかったのは…
たぶん、根っからの楽天家だから。
どんなに辛いことがあっても夜空を見上げて、星を観察すれば楽しい気分になってくる。小さい頃からそうでした。つらいときこそ、たくさん笑う。笑わないとやっていられないから。 無理している訳ではなく、笑ってしまうのです(本能で)。

人の数だけ人生がある。
どんな方にも、つらいこと、苦しいこと、程度の差はあれど起きるでしょう。そういうとき…
どれだけ闇のなかに光を感じとれるか?
それが生きる強さになるとおもうのです。尊敬する幼稚園の園長さんも同じようなことをおっしゃっていました。

暗闇を知らなければ、光のなかにいることさえ気づかない。暗闇を知っているからこそ、光に気づき光の有難さを知ることができる。同じ環境に身を置いたとき、どの方向をみるか…で人生は変わっていきます。

何も変わらないようにみえる毎日は、着実に変化をしていて(諸行無常)。日常の小さな場面ひとつひとつが、かけがえのない一瞬であることを感じながら、歳を重ねていきたいものです。

いまがいちばん幸せ(^^)

残りの人生で、そうおもえない場面も出てくるかもしれません。その時は一生懸命、星を探して生きていこうとおもいます。

最後に…ぐーたらママさんでもたくさん愛をくれる息子ちゃん、ワガママ妻でも許してくれる旦那さんに。

いつもありがとう(^ ^)
大切な宝物にめぐり会えたママは最高に幸せ者です。

e0354452_16080429.jpg
LOVE053.gif

[PR]
by yoga_family | 2015-09-10 14:32 | My Life

ヨガと子育て、シンガポール生活について気ままに更新中です。