シンガポールは雨季に入り、息子ちゃんのお迎えが大変な時期に入りました。息子ちゃんは幼稚園が大好きで迎えに行っても、なかなか帰ろうとはしません…笑。まぁ、それくらい友達や先生が好きということはとても良いことです!いろいろな経験して、楽しんでおいでね。

息子ちゃんが生まれてから、ヨガ(ポーズ)をとる時間はやはり減りました。特に幼稚園に行くまでは、寝る前とお仕事で精一杯。筋力(コア)はやはり退化しましたが(出産で腹筋は15㎝伸びると言われています)、しかし、産前のヨガ効果は産後まで効いていました。ヨガをやっていなければ、へなちょこだった私は育児に耐えうる身体ではなかったでしょう。出産では、呼吸法と最後のイキミにヨガが有効でした。産婦人科医にも褒めていただけましたよ〜。やはり、ヨガやってきて良かったぁ!と思った瞬間です。

まぁ、ヨガしていれば完璧で万能な訳ではありません。生活の質が向上するということです(^-^)

育児にもヨガ的思考は有効でした。我が息子ちゃんは、赤ちゃんの頃から自分の意思がハッキリしていて、そりゃあまぁ大変なタイプ。今でも頑固ちゃんで、親の辛抱強さを試されます。私は辛抱強さが足りないタイプですが…笑。気づくこと、手放すことをヨガから教わりました。魔の2歳児。強い自己主張しながら、他人との距離の取り方を学んでいる最中です。いくら説得しても、まだ感情や感覚優先で我慢できない年頃。大人は気持ちを切り替えさせるか、辛抱強く見守るか。

息子ちゃんは遊びに夢中になると寝食を忘れて、力尽きるまで遊ぶタイプ。プレグラに行くと午前中から閉店まで、ぶっ通しで遊ぶ強者です…笑。ベビーフェイスで小ぶりな身体とは反対にパワフルな子。これも彼の個性なのでしょう。しかし、これに付き合う親も相当な忍耐力を要します。後に夕飯の買い物に行きたくても、息子の道草、遊びに付き合っているうちに1日が終わる。プレグラに息子を残してトイレにも行けず、飲まず食わずです。

そんな息子ちゃんに疲れ、イライラすることもあります。こちらの想いは実行できない訳ですから、それはストレスになります。でも視点を変えてみれば、親にとって都合の良い子が良い子ではありません。自分の意思を持てることは素晴らしいこと。子供時代に自分の気持ちを表現できないことの方が心配です。その子の個性や意思を尊重するのではなく、親の都合の良い子(楽な子)になって欲しいと思うことは、親のエゴだということ。そのことに気付いたら、手放すだけ。

私の子育ては気づく→手放すの連続です。手放したら、後はシャバアサナの境地で見守る。子供というのは経験を繰り返しながら、失敗や成功、喜びや悲しみ、悔しさや達成感を重ねて、腑に落ちることで真の学びにつながっていく。それは、口上で教えられても体感が伴わなければ真の学びには繋がりません。手を貸し過ぎるのも学ぶ機会を奪う危険がありますし、ある程度は好きにさせて見守るという寛容さも必要かもしれません。

しかし、親が寛容にしたくても周囲の目(周りに迷惑をかけないか、躾ができていない親と思われないか)を気にして過度に注意する傾向にあるのが現実ですよね?
それには社会の温かい眼差しも必要です。電車で騒ぐ親子に向けられる冷たい視線。お母さんだって、どうにも出来なくて泣きたいくらいですよね。(もし電車の中で困っているママを見かけたら、「大丈夫ですよ。ママが一番つらいですね。」って声をかけたい。そんな、おばちゃんでいたいです。)
私も何度も経験ありますし、舌打ちされたりもありましたよ〜。ここでもヨガ的思考が役立ちました。

変わったお母さんと思われても構わないし(手放す)、周りに迷惑かけない子供なんて子供じゃない!迷惑かけたり、かけられたり、そういう経験を子供にさせてあげられる世の中じゃなくちゃ、子供は健全に育ちません。何事も経験から学びます。だって静かにして欲しいのは大人の都合。電車は大人だけのものでしょうか?私もいちよう周りに謝ったりしますが、まだ相手の気持ちが分かる段階ではないし、仕方ないとも思っています…苦笑。
社会全体で未来を担う子供を育てようという意識がもっと根付くと良いなぁ。

食事だって同じ。息子ちゃんは過度の偏食で身体も小さいですが、それが我が息子ちゃん。栄養面は気にはなりますが、まぁこれも本人の意思があって、食べることに興味が出て、美味しい食べたい気持ちが育つこと願うのみです。シャバアサナの境地で待ちながら、親が美味しそうに食べ続けること。これが基本。怒ったり無理強いするのは、親の想いを押し付けることに繋がります(そんなお母さんの気持ちは痛いほど分かります。母だって人間だもの)。これもまた辛抱強く長い目で見てあげることなのだと息子ちゃんから教わりました。これも気付いて→手放すの連続で、辿り着いた境地です。生活の中で内観(第三者的に自分を観察する視点)することで、ヨガ的思考に近づき母も毎日学ばせてもらっています。

※シャバアサナの境地とは、すべて委ねるような大らかな気持ちです。コントロールしようとか、意図しないこと。あるがままを受け入れること。

話は飛びますが…笑。
家でレモンの酵素しろっぷ仕込みました(^ ^)
仕上がりはクリスマス前。楽しみです!
e0354452_12472851.jpeg

[PR]
by yoga_family | 2015-11-27 11:41 | 育児@シンガポール

e0354452_14520663.jpeg
今朝、息子を幼稚園に送りに行ってから身体が酸味を欲していたので「Charlie’s」のレモネードをCold Storageで購入。添加物もほぼ入っていないし、しっかりレモンのジューシー感が味わえて、やみつきになる味です。

美味でごじゃる。

息子ちゃん、2歳3ヶ月。
これ以上ないくらいのイヤイヤ期に到達!
1歳過ぎてから、プチいやいや期は始まり…
日々成長に合わせて増してきましたが、今が最大ではないでしょうか?!

いや、そう信じたい。。

一般的な…
朝起きるのもイヤ
オムツ替えるのもイヤ
着替えるのもイヤ
ご飯食べるのもイヤ
歯みがきがイヤ
お風呂入るのもイヤ
寝るのもイヤ
ベビーカーに乗るのもイヤ

その他…
エレベーターは自分が乗りたい方の扉が開かなければ、突っ伏して大泣き

ママが一緒に歌うと「違う」と怒り出す(しばらく歌わないことにしました)

水道の水で手を洗いだすと30分は平気で洗い続け、水を止めると暴れる(カウントさせたり、自分で止めさせようとしてもダメ)

夜寝る時、ママに馬乗りになって、ママを叩いたり蹴る、大声で数えきれない程のママコール(寝かせたくない)

少し疲れたと思い、ソファで横になると怒る

ママの料理をみては気に入らず、バナナか牛乳と言って泣き出す(昔から)

自分の行きたい方向に行けない、触りたいものが触れないと寝そべって大泣き(要するに自分の欲求を妨げらたとき)

etc…、数えだしたらキリがない。

一般的なイヤイヤなラインも超えて、細かなこだわりを見せる息子ちゃん。母ちゃん、くたびれます。

大体、自分のゆとりがある時は…
息子の気持ちに共感しながら、寄り添いながら…
○○できなくて残念だね、悔しかったねとか
優しい言葉をかけながら
笑って遠目で見ていられますが…

身体が疲れてきたり、時間のない朝…
これが朝から晩まで毎日、延々に続き
知らない間に疲れがたまるとやはりね
イライラするもんです…勝手にしろってね。

私は自分のことも大切にするほうなので
息子ちゃん、だいぶ放置しちゃっています。
声だけかけて、待つしかないもん。
ぎゃあぎゃあ泣く時に何を言っても届かないし…
聞く耳はありません。

昔、ベビーサイン教室の敏腕先生は
子供にしっかり語りかければ
どんな小さい子でも分かると言っていたなぁ…そして、2歳児から躾は始まるとか?!3歳説もありますけどね〜笑。
うちの息子は皆無。

落ち着いている時だって聞く耳なし。
たくさん褒めているし
たくさん抱きしめて
大好きだって言っているけどね。
我が息子に語りかけは通用しなかった。

そんな私が辿り着いた境地は…
イヤイヤ期って、嵐のようなもの。
過ぎるのを待つしかない。

考えてみれば輝く太陽のように
とびきり可愛い笑顔もあり…
はたまた嵐のように強烈なイヤイヤで
周囲を圧倒するパワフルな主張もあり…

子供って天気みたいなもんだ(^-^)

嵐は過ぎ去るのを待つしかない
打つ手がない
感情のコントロールが効かない2歳児に
躾も理屈も届かなくて…

それで良いのだ(^_^)v

だって天気はコントロール不可
自分で感情のコントロールが出来るようになるまで、気長に待つしかないね。
いつになるのやら…

シャバアナのように全てを委ねるような
大らかな気持ちで待つとしますか?笑

ちなみに、この境地は…
一歳半過ぎまで断固として
ほとんど食事もお茶も口にしなかった息子に疲れ…(母乳以外はNGでした。)
たどり着いた時と同じです。

1歳7ヶ月まで毎夜夜泣き(10〜15回)をした時も、実際にシャバアサナポーズで授乳していたかも?笑
真面目にやっていたら死んでいたね…(屍のポーズではなく本物の屍?)爆笑。

この晴天のような…
とびきりの笑顔があれば
まだ母ちゃんやっていけます❤︎
たまったストレスはまめに発散して
息子の成長を見守るぜよ!
e0354452_15460819.jpeg

*いやいや期絶頂で幼稚園にも保育園にも預けず、育児に奮闘しているママさんは相当に大変かと思います。また兄弟姉妹のいる方や、妊娠中の方の苦労は計り知れません。本当に本当にお疲れ様です。どうかシャバアサナの境地で生き延びてください。

m(_ _)m


[PR]
by yoga_family | 2015-09-30 14:51 | 子育て@シンガポール

ヨガと子育て、シンガポール生活について気ままに更新中です。