カテゴリ:幼稚園@シンガポール( 6 )

パシャマDAY

e0354452_14002676.jpg
息子ちゃん、登園し始めて明日で約10日目です。明日は、パジャマDAYらしく…。なんと朝からパジャマを着て登園するそう。持ち物はソフトトイとトーチライト。噂によると先生もパジャマで来るのだとか。幼稚園で何が行われるのか謎ですが、ローカル校ならではの行事も楽しんできてね。

息子ちゃんは、最初の3日間は泣かなかったものの…。興奮状態が落ち着いた4日目から別れ際に泣いたり、半べその日も出てきました。でも、遊びになると途端に母のことは忘れ、夢中で遊んでいる様子。先生からの日誌には、active boy & playful というドンピシャな言葉が並んでおりました。はい、わんぱく君です!

給食は口に合わないと嘔吐してしまったり…
もともと眠ることが嫌いだから(ずっと遊んでいたい)、昼寝前に大きな声で泣きながら横になるのを拒否したり…
まぁ、予想通りですが色々とあります。日本語を覚え始めたばかりの彼にとってみたら、先生の英語は訳が分からず日本語で訴えても届かない。息子なりにストレスも感じているだろうし、それは仕方ないこと。わたしも、そんな息子の気持ちを受け入れながら、見守っていきたいと思います。

そんな頑張っている息子ちゃんに対し…私はというと。
2年2ヶ月ぶりの自由気ままな時間に…
胸が踊っています!ワクワクが止まらない☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆鼻血でそう〜笑!

やりたいことやお片づけも山積みなので、少しずつ片付けながら進めていきたいと思います。まずは船便の片付け、身体メンテナンスから。そして、やりたいことはやはりヨガ。これは身体メンテナンスにも当てはまりますし、お勉強も。それから、英語も少しずつ。

子育ては本当に目まぐるしくて、自分の時間は息子が寝た後の少しだけだった。寝てから食器を片したり、洗濯物をたたんだりして、自分が寝る前にヨガをちょっとやるのが精一杯でした。もちろんクラスの前日は、寝不足してでもクラスの内容を考えて、身体も整える時間を作っていました。これがすごく自分の為になっていたのです。でも引っ越しとなり、仕事を辞めざるえなくなって、赴任準備と日々の育児で疲れが溜まるいっぽう。身体は悲鳴をあげていました。そんな、がんばった自分にもたっぷりご褒美をあげて好きなこと、やりたいことを存分にやらせてもらいます。

せっかくシンガポールに来たのだから、ここで出来る最大のことを楽しんで、やりきって帰りたい。それは前回のロサンゼルス駐在生活で学んだこと。忙しい夫に運転もペーパーだった私。英語も分からず、友達もなかなか出来ず。そこで夫に頼ることをやめて(頼るところは頼っていましたが)自分で何とかしようと一念発起。逆走しながら、ひとり運転をはじめました…笑。無事に免許も取得、ヨガスタジオに飛び入り参加して、よく英語は分からないけど見よう見まねでヨガを学んだ。だんだん楽しくなってきた頃に、めぐり会いが。日本人の先生の元でティーチャートレーニングを受けました。200時間なんて、あっという間で真面目に勉強した日々。青春みたいに楽しかった。

日本語でヨガを勉強したいという方がいらっしゃいましたので、小さなヨガ教室を始めました。それが、きっかけでヨガを仕事とし、たくさんの方に出会い、寂しかった駐在生活は帰りたくないほどに充実したものに。何でも、まずは自力だなぁと痛感したのです。もちろんひとりでは生きてはいけないけど、はじめの1歩は自分の足で。途中で道に迷ったり、つまづいたら人の手を借りちゃえば良い。甘えるときは素直に甘える。

むかし読んだ五木ひろゆきさんの「他力」という本に書いてあったかもしれない。自力で動き出したときに他力という大いなるチカラが動き出すことを。

[PR]
by yoga_family | 2015-08-27 12:58 | 幼稚園@シンガポール

初登園(^-^)

息子ちゃん、今日が初登園。他のことに気をとられているうちにそっと園を出たので、ママがいなくなったことには気づいておらず…その後、泣いているかなぁ?!と気にかかっていました。お昼過ぎに迎えに行く予定でしたが、今日はレンタル家具の搬入日。ずいぶん長引いて、迎えに行けたのは3時頃でした。ドキドキしながら教室に入ると…。息子ちゃん、満面の笑みでママの胸に飛び込む。笑っていたのでホッとしました。
e0354452_23164473.jpg
先生によると、わたしがいなくなってからも楽しそうに遊んでいて午前中は泣かなかったそうです。お昼寝の前に泣いたようですが、先生が抱っこすると眠りに落ち、1時間半ほどお昼寝。ご飯もよく食べたそう。
お迎えに行ってからも園に残り、おやつタイムやキッズジム、絵本タイムまで一緒に参加。写真はキッズジムの様子。楽しそうにしていました。

絵本は英語が分からないからかな?「かえるー!」と言い出したので園を出ることに。帰り道で道草をして、鳩を眺めたり追いかけたりして、まだまだ楽しそうに遊んでいました。ママは鳩が苦手…f^_^;)
e0354452_23233165.jpg
夕飯を食べながら、「楽しかった?」と聞くと…。
たのしかったー!と息子ちゃん。

ひとまず安心しました。
これからは、ママの英語をがんばらなくちゃね。息子ちゃんが園生活を楽しめるように。ママも一緒に成長するぞ〜!!

[PR]
by yoga_family | 2015-08-17 23:10 | 幼稚園@シンガポール

幼稚園探し④

先日、最後の見学に行ってきました。Cambridgeロバートソンウォーク校です。こちらは、以前に書きましたEton house のお隣に位置します。シンガポールだけでなく、インドネシアなど幅広く展開するローカル幼稚園。生徒もシンガポール人だけではなく多様な人種が通う人気校です。

日本人は3割位はいるみたい。使用言語は英語ですが、日本人のお友達と日本語でおしゃべりするのはOKだそう。あと中国語を話す先生もいて、年中さんくらいから読み書きも。日本語は週1しかなく、年長だったかな?もう少し大きくなればオプションで読み書きまでレッスンがあるとのこと。ローカル校は、だいたい内容は似ています。あとは教え方、子どもとの向き合い方の違いかなぁ。ここも息子ちゃんの2歳児クラスはすぐ入園できるそう。

雰囲気はアットホームで子ども達は元気いっぱい。見学した日はジムキッズプログラムで棒の上を歩いてみたり、カニ歩きしてみたり。息子も「Come in」の言葉に導かれ、ちゃっかり参加しました…笑。なんだか楽しそうにしていて、クラスで一番わんぱくそうなイタリア人の男の子と仲良くなりそうねーと先生。はい、息子ちゃんは何処でも楽しんでいました。

幼稚園探し、息子の反応も含め探そうと思っていましたが…、どこに行ってもお友達と目新しい物さえあれば楽しそうで同じような反応だったかなぁ〜笑。ですから、パパとママが総合的に判断して決めさせてもらうね。

すぐに入園できるのは、イートンハウスとケンブリッジ。給食はやはり日系が美味しそう。お庭はEisだね。でも来年4月までは待てないし…。すぐに入園できる2択から決めるかなぁ。連休中にパパと話し合って、来週には申し込みに行けたら良いね。さて、どうしますかねぇ?パパさん?!

写真は、Kidroo幼稚園の夏祭りにて。こちらは我が家からは遠いから候補から外れましたが、Eisと教育方針が同じだとか。Eisの副園長が開園したそうで、Eisの転園も空き次第できるそうです。
e0354452_20281429.jpg


[PR]
by yoga_family | 2015-08-05 17:19 | 幼稚園@シンガポール

幼稚園探し③

今日は、日系幼稚園Coco-ro learning houseを見学してきました。ここはアート教室から生まれた幼稚園です。子供たちの自由な発想や創造力を生かして、アートを通して可能性を広げていくという新しい試みの幼稚園。教室には子供たちが製作したカラフルなアートが飾られていました。廃材を利用したり、子供ならではの視点を大事にしています。
日系幼稚園だけあって日本語がメイン。英語はオプション的な感じにみえました。園長先生が説明して下さったのですが、「お勉強はしません。制作や遊びがメインです」と、ハッキリおっしゃっていました。園庭はないので、定期的にお外に連れ出して下さるそうです。息子の2歳児クラスは定員となり、空き次第の案内になるとのこと。そして、2歳児クラスは週3クラスしかないそうです。園長先生も良かったし、日系だから躾も大事にしていて良いんだけどね。週3かぁ…笑。

昨日は、Superland Outram校を見てきました。こちらはモンテッソーリ教育を取り入れた幼稚園。ローカル校なのかな?!シンガポール人、中国人、日本人のアジア系が多かったような。言語は、英語と中国語。オプションである日本語は週2回のレッスンしかなさそうでした。こちらは、シンガポールの幼稚園という感じで年中さんからしっかりお勉強していました。子供たちが椅子に座って集中していることに驚くと…、子供たちが飽きないよに遊びやモンテッソーリの道具を使いながら、自然と勉強へ導くとのこと。子供の感心や興味をうまく引き出していて、さすがプロやわ〜!とおもいました。

でも、ちょっと気になったことが…
日本人同士の子供が日本語で話すと、すかさず先生が…
「No Japanese. English Only.」!(◎_◎;)
きっ、きびしい。ちょっとぐらい、ええじゃないかぁ〜!と思ってしまった甘い私。ええよ、ええよ。
そのクラスは日本人比率が多く、日本語が飛びかっていて、先生は日本語が分からないから言っただけだよ…と言っていましたが。ほんまかいな〜。
こちらも早くても来年の2月まで空きがない人気校です。午後のみなら、空きがあるそう。

どちらも家からはタクシーで5分くらい。
見学の予約は残すところ、1校となりました。
最後まで見て決めるとしますかね〜。

写真はリャンコート、入り口付近のバイク。
歳の近い日本男子で相乗り。
息子は楽しそうでした♡

e0354452_16594672.jpg
そして、ママと連絡先の交換。
やったー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
つっ、ついに!ママ友できた〜!!



[PR]
by yoga_family | 2015-07-31 16:28 | 幼稚園@シンガポール

幼稚園探し②

連日、幼稚園の見学に出掛けています(^ ^)
昨日は、家の近くにあるインターナショナルスクールを見てきました。シンガポールて1番?!お月謝が高いとの噂もあるEton House。日本語クラスを担当している日本人の先生にお願いして案内していただきました。

外観より、中は広く、とっーてもお洒落な空間!!!
センスいいね〜と言いたくなる物ばかり置いてありました。この幼稚園、プラスチックのオモチャは使わないそう。木のぬくもり溢れるオモチャ、テーブルや椅子、すべてが自然素材で大人も落ち着く空間。室内プレイグランドにお砂場や走れる広さのスペースもあり、クッキング部屋(子供達が調理する)やプロジェクターの部屋まであり、施設としては申し分ない空間でした。お外遊びにも連れ出してくれるそう。

生徒は様々な人種や国籍の子がいましたが、白人比率が高いかなぁ。日本人はかなり少ない印象です。基本的には英語で会話、日本語は1日30分〜1時間くらい日本人先生が歌や遊びで触れる機会を作ってくれるらしいです。うんうん、日本語を覚え始めたばかりの息子には大切なポイントね。日本人なのに、日本語が出来ないのは悲しすぎる。日本にいつか帰る訳だしね。日本語クラスがあるなら、候補のひとつかなぁ〜。

いまなら、すぐ入園できるそう!
キタッー!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
でも、簡単には決められません。大切なことですから、いろいろ見てから決めようねー🎶
ちなみに息子はいきなり年中さんのクラスに忍び込み、クラス中の注目を集めるも…汗。マイペースに遊びだしました。園児たちは珍しいものを見る目で眺めていました〜笑。しかし、息子は全く動じず…ヽ(´o`;
この日も終始、楽しそうにしていました!!

今日の息子ちゃん…
明治屋で暴れるの巻
背後にあるワインボトルをカゴにぶち込むは(冷汗)
これを押して店内のあちこちぶつけるは
やりたい放題…はぁ…ふぅ…
e0354452_00284907.jpg
この、いたずら顏…♪(´ε` )
やめて下さいませ。母ちゃん、大変です。
老けそうです。
仕方なく強制退去しましたが…笑。
(暴れる息子を小脇に抱えて脱出)
まぁ、これくらい自由に子供らしく
自分を表現できているということは…
良いことでもあるからね。
周りに迷惑かけないように、
ほどほどにお願い致します〜笑♡


[PR]
by yoga_family | 2015-07-31 00:02 | 幼稚園@シンガポール

幼稚園探し①

こちらに来て、3週間が経ちました。まだ荷物も片付いていませんが…σ(^_^;)
幼稚園の見学だけは、順調に回っています。まず最初に伺わせてもらったのは、日系インターナショナルスクールのEis west校。園庭で元気に駆け回る子供たちを横目に、まずは園長先生の説明を聞きました。園長先生の教育理念は私のドツボにハマり、ひどく感動しました。

「自由でのびのび、生き生き、本気で子供主義のバイリンガル幼稚園」

このキャッチフレーズのように、大人の理想や満足を子供に押し付けることのない関わり方、小さいから可愛いからではなく、何が出来ようと出来まいと今ここに存在することに価値があることを幼児期に染み込ませていくことで、その子らしさを最大限に生かし、肯定して生きていくことの大切さを語っていました。
他の幼稚園に行けば、もっとすごいことが出来るようになるかもしれないと。でも、いま必要なことは幸せを感じとる心、花が綺麗だとか美味しい、楽しいだとか小さな幸せを感じとれるこころがあれば、大きくなって悲しいこと辛いことに直面しても乗り越えていく強さになるのだと。とても共感して、今すぐにでも入園をお願いしたかったのですが…、なんと早くても来年4月まで入園は難しいとのこと。残念です。(登録だけはしてあります。)

印象に残ったのは、子供たちが本当に生き生き、のびのびしていたことです。エネルギーを最大限に発揮して、身体中から楽しい〜!っていう感じが伝わってきました。園児はほとんど日本人。先生は英語の先生が各クラスにいて、英語で語りかけています。インターナショナルスクールとありますが、日本の幼稚園に限りなく近く、遊びながら自然と身につけさせるスタイルです。

後日、EAST校も見学してきました。こちらも炎天下の中、園児たちは元気いっぱいに遊んでいましたよ。
e0354452_18340238.jpg
e0354452_18342472.jpg
e0354452_18344892.jpg
息子もちゃっかり園児に混ざって遊ぶこと約2時間。母ちゃんは干物になりそうでした…汗。年長さん達は1時間くらい思いきり遊んで、シャワールールに消えて行きました。息子、ひとりになっても遊び続けるΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
どちらの校舎も帰りたくないくらい楽しそうにしていた息子ちゃん。いや、本当に好奇心の塊ですなぁ〜笑。

次回に続く…053.gif

[PR]
by yoga_family | 2015-07-29 18:04 | 幼稚園@シンガポール

ヨガと子育て、シンガポール生活について気ままに更新中です。