e0354452_14551586.jpeg
今朝はママ友にチョンバルマーケットに連れて行ってもらいました。お肉三種、マンゴー、チョンバルベーカリーのクロワッサンをゲットしてきましたよ〜。

午後は日本から取り寄せた肩甲骨ヨガをトライしてみました。考案はヨガ界では有名な峯岸みちこ先生。ふむふむ、これは肩周りがかなりスッキリします。固まりがちな肩甲骨がほぐれると胸がはれるようになり、姿勢が良くなる。そして、肩甲骨と鎖骨はつながっているので肩甲骨を動かすと鎖骨も動く。結果としてデコルテラインが綺麗になり、バストアップ効果も。また鎖骨にはリンパ節があり、リンパの流れも促進してくれます。さらに背中美人にもなれるとあって女性にはうれしいことだらけ。これはマスターしてイベントでやるしかありません!笑

私は根っからヨガが大好き。
結果としてスタイルもよくしてくれますが、何よりメンタルにも効果的なヨガ。例えば、肩周りがほぐれ胸がはれるようになると不思議と気持ちも上向きになります。「心身一如」切っても切り離せないこの関係。体感に勝るものはなしです。

そして、速筋(マラソンなど瞬発力系のスポーツ)は筋肉の外側を鍛えるためムキムキとして印象になりますが、ゆったりとしたヨガでポーズをキープする筋肉は遅筋といって、筋肉の内側を鍛えてくれます。表面は柔らかくしなやかだけど、中身がしっかりとしてくる。女性らしい身体作りには遅筋を鍛えることをお勧めします。

身だけではなけ心もしなかやに。女の人生は変化する。結婚、妊娠、出産、育児、仕事、趣味、転勤。女の人生は多種多様に変化していく。ライフワークバランスをその時々で変えて、いまを楽しみ、しなやかに生きる。生理周期があるのも女性だけ。1ヶ月の中で身体もメンタルもホルモンバランスも変化していく。しなやかに生きていく上で忘れちゃならないのが、確固たる軸。 軸(体幹)がしっかりすると余分な力が抜けて、しなやかさが生まれます。心も身体も同じなんですね。

女に生まれたからには、女らしさを忘れずに身も心もしなやかに生きていきたい。ヨガプラクティスだって、この思いを中心にして選んでいきたいと思っています。

[PR]
by yoga_family | 2016-01-21 14:54 | ヨガプラクティス@シンガポール

またまた肉骨茶!笑
ブギスにある阿成肉骨茶。元々あった古い店舗の並び(少し離れていますが)に新しい店舗がオープン。汗だくになりながら、ピリッとくる薬膳スープの香りを楽しみました。何回もヤカンでスープを注ぎ足してくれるので、たらふく飲んでもうた。カンカン照りの日のアウトサイドでの肉骨茶は、かなり暑かったです!笑
でも、この薬膳スープが好き。肉は二の次。スープだけ持ち帰って野菜入れて鍋したいわ〜!
e0354452_15242526.jpeg
e0354452_15245655.jpeg

そして、Space and Light Yoga にて日本人先生のクラスを受けに行ってきました。
チカコ先生のヨガエッセンシャル、細部にまでアライメントをして下さるのでとても勉強になりました。チカコ先生は明るく太陽みたいな方です。生徒さんはシンガポーリアンばかり。日本人は私だけでした。

あとヨシエ先生。パワーヨガと書いてありますが、そんなに素早いフローでもなかったです。ひとつひとつのポーズを丁寧にやっていました。これまたしっかりアジャストして下さるタイプの先生。私が行った時は日本人のみで、日本語でインストラクションされていましたが、これまたバイリンガル先生です。

お二人とも、カッコ良くて素敵な先生でした〜(^-^)
またお勉強に伺わせてもらいまーす!

流派だけでなく先生によってクラスって、だいぶ違いますね。何に重点を起き、何を伝えたいか、どうやって伝えるのか、それはインストラクターに委ねられる。何が正解ではなく、その先生が作り出すクラスの波があり、波長の合う方が来てくださるということ。クラスに何を望むか、好みも感じ方も千差万別。世の中にはヨガクラスがたくさんあるから選べる時代ですね。

女性の為のヨガと酵素ジュース、ドネーションイベントでは、女性の身体について少しの座学と、女性らしく輝くためのヨガをお伝えしたい。ヨガの歴史を辿れば、ヨガを継承してきたのはインドの殿方たち。筋力を要するアクロバティックなポーズもたくさんあります。見栄えはしますよね。でも、本当にみんながアクロバティックレベルを必要としているでしょうか?

ヨガは見せる為にやるものではありません(競技のように競うものでもない)。その人の身体の状態に適したポーズがあり、個々の状態を大切にしなくては、怪我にすら繋がりかねません。そして、筋力の多い男性と柔らかな女性では身体がまるで違います。

女性が女性らしく、より健康に近づくためのツールとしてのヨガがあっても良いと思いませんか?

表面はしなやかでも、芯(体幹)のしっかりとした身体は女性だからこそ成せるものです。やはり男性のほうが筋肉になりやすい。それはホルモン分泌が違うから。また骨盤の動き方も男性と女性では別物なんです。持って生まれた身体を慈しみ、いのちが輝くようなヨガ、そんなヨガを伝えていきたいなぁと思います。

[PR]
by yoga_family | 2015-11-25 15:23 | ヨガプラクティス@シンガポール

今日は素晴らしい言葉をシェアさせていただきます。
「死」はネガティヴに捉えられることが多いですが、意識することで「生」に対する受けとめ方、すなわち生き方を左右する極めて重要な要素だと私はおもいます。

〜以下は、抜粋です。〜
  
STEVE JOBS Last Words - 
スティーブジョブス最後の言葉

    

I reached the pinnacle of
success in the business world.
私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
   
In others’ eyes, my life is an epitome of success.
他の人の目には、私の人生は成功の典型的な縮図に見えるだろう。
    
However, aside from work, I have little joy.
In the end, wealth is only a fact of life that
I am accustomed to.
    
しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。
   
At this moment, lying on the sick bed and
recalling my whole life,
I realize that all the recognition and wealth that
I took so much pride in, have paled and become
meaningless in the face of impending death.
  
病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。
  
私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。
   
In the darkness, I look at the green lights from
the life supporting machines and hear the
humming mechanical sounds,
  
この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。
   
I can feel the breath of God and of death drawing closer…
   
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
   
Now I know, when we have accumulated
sufficient wealth to last our lifetime, we should pursue
other matters that are unrelated to wealth…
   
今やっと理解したことがある。
   
人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
   
Should be something that is more important:
もっと大切な何か他のこと。
    
Perhaps relationships, perhaps art,
perhaps a dream from younger days ...   
   
それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。
   
Non-stop pursuing of wealth will only turn
a person into a twisted being, just like me.
   
終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。私のようにね。
  
God gave us the senses to let us feel
the love in everyone’s heart, not the illusions
brought about by wealth.
   
神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。
  
The wealth I have won in my life I cannot bring with me.

私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)一緒に持っていけるものではない。
   
What I can bring is only the
memories precipitated by love.
   
私が持っていける物は、愛情にあふれた思い出だけだ。
   
That’s the true riches which will follow you,
accompany you, giving you strength and light to go on.
    
これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるものあなたの道を照らしてくれるものだ。
    
Love can travel a thousand miles.
Life has no limit. Go where you want to go.
   
Reach the height you want to reach.
It is all in your heart and in your hands.
    
愛とは、何千マイルも超えて旅をする。
人生には限界はない。
  
行きたいところに行きなさい。
   
望むところまで高峰を登りなさい。
  
全てはあなたの心の中にある、
   
全てはあなたの手の中にあるのだから
   
What is the most expensive bed in the world? -
"Sick bed" …
    
世の中で、一番犠牲を払うことになる
「ベッド」は、何か知っているかい? 
シックベッド(病床)だよ。
    
You can employ someone to drive the car for you,
make money for you but you cannot have someone
to bear the sickness for you.
   
あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。
お金を作ってもらうことも出来る。
だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は
見つけることは出来ない。
  
Material things lost can be found.
But there is one thing that can never be
found when it is lost – "Life".
   
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。
   
しかし、一つだけ、なくなってしまっては、
再度見つけられない物がある。
   
人生だよ。命だよ。
   
When a person goes into the operating room,
he will realize that there is one book that he has
yet to finish reading – "Book of Healthy Life".
  
手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。
   
「健康な生活を送る本」
  
Whichever stage in life we are at right now,
with time, we will face the day when the
curtain comes down.
  
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
   
Treasure Love for your family,
love for your spouse, love for your friends...
     
あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
あなたのパートーナーのために、あなたの友人のために。
  
Treat yourself well. Cherish others.
  
そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。
   

〜以上 〜

とても深い言葉です。「死」を間近に感じたとき、どなたも感じることではないでしょいか?!
亡くなるときには、何も物質的なものは持っていけない。この身体でさえも…。体を脱ぎ捨てた魂は何を学び、どんな記憶(思い出)が刻まれているのだろうか?!

大切なことは実にシンプル。
他人ではなく、真実の自分を生きること。
後悔のない時間を過ごすこと。
湧き出る愛情は惜しみなく注ぐこと。

息子を毎日、たくさん抱きしめたい。
パパにたくさん、ありがとうと言いたい。
こんな自分にでも役に立てることがもしあるなら、可能な範囲で役に立ちたい。

そんな風に思います。
与えられた時間と身体の使い方。

仏教では…
「生・老・病・死」は自分の意思とは関係なく、誰にも平等に訪れるといわれます。
生きることも、老いることも、病にかかることも、死ぬことも、ただ事実があるだけなのかもしれない。つまり「空」なのです。できるだけ、こころを静かに目の前の事実を眺められたなら…。
それは、ヨガスートラの「チッタブリッティ=こころの死滅」なのでしょう。つまり、ココロに振り回されることなく、穏やかに生きること。感情がなくなるわけではなく、単に振り回されなくなるということです。

生きているうちに、僅かでもそんな境地に近づけたなら人生はより豊かに輝いていくことでしょう。

さて、先日募集しましたドネーションイベント「女性の為のヨガと酵素ジューは、残席4名様(現時点)となりました。皆様のご参加をお待ちしております。

詳しくはこちら→

e0354452_20504770.jpeg
そうそうにお申し込みいただいた方々、ありがとうございました。お目にかかれることを楽しみにしています。

[PR]
by yoga_family | 2015-11-12 20:18 | ヨガプラクティス@シンガポール

シンガポールで初ヨガ☆

今日は、Jさんお勧めインド人先生のヨガレッスンを一緒に受けてきました。スタジオは、yoga in sync です。(すっかり写真を忘れていましたが、入り口は少し分かりづらく私は思わずJさんに電話をしてしまいました。)

最初にウォーミングアップもなく、いきなり足をがっつり開いてお尻フリフリから。どのポーズもかなり長めにやるので、かなり効きます…笑。私は久しぶりに自分の身体に集中できたし、骨盤周り、股関節、腹筋をかなり重点的に動かしたので、産後弱くなったコアを刺激できて満足でした。最後にシャバアサナもなく、好きなポーズで個々にストレッチするという終わり方。びっくりしましたが…笑。そういうクラスもありかもしれませんね。個人的にはシャバアサナが好きだし、やったほうが効果もあがると思うのですが。。

先生は気さく?!というか…フレンドリー
クラスにもそんなお人柄が出ていました(^-^)
10回の回数券を購入。これから通うことにします。

ヨガの後は、Jさんと一緒にベジタリアンのお店でランチ。可愛らしいお店で美味しい料理を食べながら、熱くヨガ談議しました。楽しかった〜♡
e0354452_21471420.jpg
e0354452_21473635.jpg
私はヨガをお仕事にさせていただいていましたが、まだまだヒヨコちゃん…笑。ヨガのお勉強は果てしない旅路。それは人生、生き方にも通じます。「ヨガ=ポーズ」というイメージの方が多いかと思います。それは自然なこと。「ヨガ=人生(生き方)」でもあります。難しいポーズが出来るからすごいとか、身体が硬いからダメということもありません。ポーズで日々練習していなくても、自然とヨガライフを送っておられる方もいるでしょう。

何のためにヨガをするのか?!もちろん、綺麗になりたいから。それもOK!ヨガをする目的は、人それぞれ違って当然。その人に合った方法でヨガを楽しめれば良いと思います。流派や先生によってクラスは千差万別。

では、ヨガのプラクティスで変化するのは身体だけでしょうか?個人的にヨガの醍醐味はプラクティスを通して研ぎ澄まされる感性だとおもいます。日々の生活で意識は完全に外に向いていますよね。でも、ヨガのプラクティスでは身体の感覚に意識を向けます。頭はお休み。これがすごく大事です。頭で考えながらポーズをするのではなく、身体で感じること。

それを積み重ねていくうちに生活も変わります。物事は選択の連続。頭ではなく本心に沿った選択が身についていきます。こうでなくちゃ…という既成概念や固定観念に縛られると時として、本来の姿からかけ離れてしまうもの。檻や枠はどんどん手放して、ただの自分になること。個々が肩肘はらずハッピーに生きる道を照らしてくれる灯のようなもの。それがわたしにとってのヨガであり、そんな素晴らしいツールを他の方にも伝えていきたい。また、いつかわたしのヨガ歴について書いてみようかなぁと思います。

さてさて、明日は筋肉痛になること間違いなしです…笑!今日は早めに寝たいと思います。最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。


[PR]
by yoga_family | 2015-08-31 21:23 | ヨガプラクティス@シンガポール

ヨガと子育て、シンガポール生活について気ままに更新中です。