e0354452_14520663.jpeg
今朝、息子を幼稚園に送りに行ってから身体が酸味を欲していたので「Charlie’s」のレモネードをCold Storageで購入。添加物もほぼ入っていないし、しっかりレモンのジューシー感が味わえて、やみつきになる味です。

美味でごじゃる。

息子ちゃん、2歳3ヶ月。
これ以上ないくらいのイヤイヤ期に到達!
1歳過ぎてから、プチいやいや期は始まり…
日々成長に合わせて増してきましたが、今が最大ではないでしょうか?!

いや、そう信じたい。。

一般的な…
朝起きるのもイヤ
オムツ替えるのもイヤ
着替えるのもイヤ
ご飯食べるのもイヤ
歯みがきがイヤ
お風呂入るのもイヤ
寝るのもイヤ
ベビーカーに乗るのもイヤ

その他…
エレベーターは自分が乗りたい方の扉が開かなければ、突っ伏して大泣き

ママが一緒に歌うと「違う」と怒り出す(しばらく歌わないことにしました)

水道の水で手を洗いだすと30分は平気で洗い続け、水を止めると暴れる(カウントさせたり、自分で止めさせようとしてもダメ)

夜寝る時、ママに馬乗りになって、ママを叩いたり蹴る、大声で数えきれない程のママコール(寝かせたくない)

少し疲れたと思い、ソファで横になると怒る

ママの料理をみては気に入らず、バナナか牛乳と言って泣き出す(昔から)

自分の行きたい方向に行けない、触りたいものが触れないと寝そべって大泣き(要するに自分の欲求を妨げらたとき)

etc…、数えだしたらキリがない。

一般的なイヤイヤなラインも超えて、細かなこだわりを見せる息子ちゃん。母ちゃん、くたびれます。

大体、自分のゆとりがある時は…
息子の気持ちに共感しながら、寄り添いながら…
○○できなくて残念だね、悔しかったねとか
優しい言葉をかけながら
笑って遠目で見ていられますが…

身体が疲れてきたり、時間のない朝…
これが朝から晩まで毎日、延々に続き
知らない間に疲れがたまるとやはりね
イライラするもんです…勝手にしろってね。

私は自分のことも大切にするほうなので
息子ちゃん、だいぶ放置しちゃっています。
声だけかけて、待つしかないもん。
ぎゃあぎゃあ泣く時に何を言っても届かないし…
聞く耳はありません。

昔、ベビーサイン教室の敏腕先生は
子供にしっかり語りかければ
どんな小さい子でも分かると言っていたなぁ…そして、2歳児から躾は始まるとか?!3歳説もありますけどね〜笑。
うちの息子は皆無。

落ち着いている時だって聞く耳なし。
たくさん褒めているし
たくさん抱きしめて
大好きだって言っているけどね。
我が息子に語りかけは通用しなかった。

そんな私が辿り着いた境地は…
イヤイヤ期って、嵐のようなもの。
過ぎるのを待つしかない。

考えてみれば輝く太陽のように
とびきり可愛い笑顔もあり…
はたまた嵐のように強烈なイヤイヤで
周囲を圧倒するパワフルな主張もあり…

子供って天気みたいなもんだ(^-^)

嵐は過ぎ去るのを待つしかない
打つ手がない
感情のコントロールが効かない2歳児に
躾も理屈も届かなくて…

それで良いのだ(^_^)v

だって天気はコントロール不可
自分で感情のコントロールが出来るようになるまで、気長に待つしかないね。
いつになるのやら…

シャバアナのように全てを委ねるような
大らかな気持ちで待つとしますか?笑

ちなみに、この境地は…
一歳半過ぎまで断固として
ほとんど食事もお茶も口にしなかった息子に疲れ…(母乳以外はNGでした。)
たどり着いた時と同じです。

1歳7ヶ月まで毎夜夜泣き(10〜15回)をした時も、実際にシャバアサナポーズで授乳していたかも?笑
真面目にやっていたら死んでいたね…(屍のポーズではなく本物の屍?)爆笑。

この晴天のような…
とびきりの笑顔があれば
まだ母ちゃんやっていけます❤︎
たまったストレスはまめに発散して
息子の成長を見守るぜよ!
e0354452_15460819.jpeg

*いやいや期絶頂で幼稚園にも保育園にも預けず、育児に奮闘しているママさんは相当に大変かと思います。また兄弟姉妹のいる方や、妊娠中の方の苦労は計り知れません。本当に本当にお疲れ様です。どうかシャバアサナの境地で生き延びてください。

m(_ _)m


[PR]
by yoga_family | 2015-09-30 14:51 | 子育て@シンガポール

わたし、久しぶりに発熱しました。最終的には、39度台まで上がり…。なんとか病院へ行き(タクシー)、点滴を受けました。心配した主人が仕事を抜け、お迎えに来てくれ無事に帰宅。本当にボッーとし過ぎて、コンタクトも忘れ、眼鏡も忘れるほどでした。

日曜の夜に発熱し、風邪でも引いてしまったか、はたまたhazeかな?!なんて呑気に考えて、市販のパブロンを飲みました。が、しかし…。まったく効かない。熱は上がる一方で、ひどい関節痛。翌朝、息子を幼稚園に送ることも出来ず、パパに託しました。
 
やはりお迎えにも行けず、パパは慣れない手つきでウドンを作ってくれました。そんなパパも…。今朝、発熱しベッドで寝ています。同じ39度台。移したとしか考えられない同じ症状。ごめんね。

疑われる病気としては…

①インフルエンザ
②デング
③扁桃腺炎

①と②の検査をしてみましたが、結果は陰性。私は長らくhazeで喉を痛めていたので③かと思いきや、先生は検査結果に出る前段階の①が疑わしいとのこと。

インフルエンザは感染して1日以上経過しないと結果にでないそう。私は日曜の夜遅くに発症して、次の日の昼間に病院へ行ったので当てはまります。しかも、シンガポールの幼稚園ではインフルエンザが流行っているそう。これだけ空気が悪けりゃ、粘膜も弱り、菌が侵入しやすくなる訳です。

まだ微熱あり、身体がダルダルなので…。散らかった部屋で寝転がって、携帯からブログを書いています。主人も寝込み中なので、今日から幼稚園の送り迎えだけは頑張るぞ〜。貰ったタミフルと抗生剤を仕方なく飲んでいます。おかげで少し動けるように。

いつも病気して思うことは…
健康って、ありがたい。
という実にシンプルなこと。

わたしはアトピー大爆発したり
いろいろと身体の不調に悩まされた過去もあり 、おばあちゃんのように若い頃から健康を意識してきました。笑

内側からにじみ出る美しさとは…
心身が健やかであること

いくら痩せてスリムでも
痩せることに執着してストレスが溜まっていては、真の健康ではありません。ストレスがなければ別です。

ちょっとふっくらしていても
ご飯が美味しく食べられて
身体のコンディションが良く
気・血・水のめぐりが良い方が
健康的な美しさがある

食事も生活も育児も
バランスが大事!

何が健康に良いからって偏り過ぎるのではなく、バランス良く取り入れる

ヨガの先生においてはベジタリアンの方も多く、その方にあった食事法であれば良いと思います。わたしは、血虚体質なのでタンパク質は欠かさず摂ります。生理がある女性には必要な栄養素です。

また健康的な食生活にこだわり過ぎて
こころが疲れるのも良くない。
好きなら、たまにはお酒を飲んで笑うことも大切だし、甘いもので息抜きしても良い。

やっぱり…
バランスが大事(^ ^)

育児だって100%で向き合ったら倒れます。笑
我が息子ちゃんは相当に手のかかるタイプなので、息抜きしながらです。イヤイヤ期、全開!!!

ヨガでは、バランス系のポーズが多々あります。これがバランス良く生きるヒントを与えてくれる。やはりココロの声に耳を傾けるようなプラクティスが大切です。

私はこれからも健康的なオバちゃんを目指していこう! 
(^_^)v

ヨガをしていると…
心身一如(心と身体はつながっている)
ということがよく分かります。
特にバランス系のポーズ。
ココロは身体に影響を与えるし、身体もココロに作用する。切っても切り離せないものです。

さて、写真は先日お出かけした
ガーデンズ バイ ザ ベイ
e0354452_15461475.jpeg
e0354452_15465918.jpeg
e0354452_15473913.jpeg
フラワードームにて。菊が展示されていました。
息子ちゃん、お花にはあまり興味がなかったよう…笑。
e0354452_15493056.jpeg
e0354452_15501613.jpeg
e0354452_15505827.jpeg
e0354452_15513126.jpeg
こちらは、クラウド・フォレスト。
網状の宙にはりめぐらされた散策路を歩きました。網の感触を楽しみながら歩く息子ちゃん。なぜか、水晶の前に寄りかかるのが気に入り、なかなか動きませんでした…笑。冷たいのが気持ちよかったのかな?!

e0354452_15551935.jpeg
e0354452_15555548.jpeg
そして、ランチはこの施設内にあるMajestic bay に行きました。ここの小籠包はジューシーで美味しかった❤︎
たまごチャーハンをどんぶりから、おたまですくい豪快に口に運ぶ息子ちゃん。後ろから見ていたオバちゃま達もビックリ目を丸くしていました〜笑。

そして、店内斜めにカットされた壁際の幅15センチほどの塀を坂道のように登りだした息子ちゃん。周りにいた欧米人の方々もびっくりたまげていました。わたしと主人は登りたがる息子を無理矢理に外に連れ出し、すっかり面白い写真を撮りそびれ、息子は大泣き。無念だったらしく、床に突っ伏して号泣でした。。近頃のイヤイヤは強烈です。

今日もhazeが200超え。はやく落ち着くと良いなぁ(^ ^)



[PR]
by yoga_family | 2015-09-29 15:00 | 日々の生活@シンガポール

昨日、ついにhazeはPIS300超え。深刻なレベルのHazardousになりました。わたしは、元々がアレルギー体質なので喉は痛いし、リンパ腺は腫れ、頭痛もしています。見た目が物々しく抵抗があったN95のマスクを着用することにしました。鏡でみると笑える〜!

さて、明日は幼稚園が休講になるかなぁ〜と思いつつも…。本日開催のMid Autumn Fesに向け、着々と準備をしてきました。まずはチャイナ服探しにチャイナタウンへ。この日もhazeがひどかったので、安く買えるパゴダストリートは諦めて、チャイナタウンのデパートで探すことに。試着室の扉で遊ぶ息子ちゃん❤︎
e0354452_14201230.jpeg
2つ試着しましたが、シンプルで小さいサイズがあったチャイナ服を購入。紺ベースに赤のラインが入っています。お値段は税抜きで39ドル。
e0354452_14230608.jpeg
e0354452_14232447.jpeg
そして、ランタンを探しにgiantへ行きました。パパとお顔のパーツをペタペタ貼って完成。ねずみ君のランタンです。
e0354452_14260014.jpeg
当日は満月に見立てた丸い食べ物をシェアするようで、沖縄の丸いドーナツ、サーターアンダギーを作ってみました。材料もシンプル、サクサクで美味しい!
e0354452_14280698.jpeg
hazeの影響でお休みの学校もあるようですが、息子ちゃんの幼稚園はいつも通り開園でした。楽しめたかなぁ。

さて、だいぶ時間が経過してしまいましたが…笑。先週末はセントーサ島の水族館、アンダーウォーターワールド&ドルフィンラグーンに行ってきました。写真ボケボケですが、トンネル状の水槽の中を自動で進む歩道に乗ってお散歩。近くでお魚がみれて、息子ちゃん歓声をあげていました(^-^)
e0354452_14561549.jpeg
e0354452_14371759.jpeg
その後、イルカのショーを見に行くことに。息子ちゃんにとっては本物のイルカをみるのは人生初です。目を丸くして手をたたいて喜びました。すごいジャンプ力!
e0354452_14393442.jpeg
帰りがけに車にも乗れて、ご機嫌な息子ちゃん。快気祝いができて良かった〜。
e0354452_14404472.jpeg
最後に…。イルカさんやアシカさんにたくさん楽しませてもらった私たちでしたが、なぜか私はせつなくなりました。だって、イルカやアシカは餌をもらい生きるためにショーをやっている。人間のエゴでイルカやアシカの自由を奪っている気がしたからです。

本来は、海でスイスイ泳いでいるのが自然な姿。餌は自分で捕獲するもの。野生の姿からは程遠い、水族館のプール生活。本当に幸せ何だろうか。。実は、ゾウさんの時も同じことを感じました。出来ることなら、いつか狭いプールから逃して、ひろい海に帰してあげたいなぁ。



[PR]
by yoga_family | 2015-09-25 14:10 | 日々の生活@シンガポール

最近のシンガポールはヘイズの数値が高く、少し遠くのビルさえ霞んでいます。
  1. ヘイズとはインドネシアのスマトラ島やカリマンタン島の焼畑農業や山火事の煙や排気ガスなどの微粒子が原因となって起こる大気汚染のことです。 ヘイズはインドネシアの乾季である4月から10月にかけて悪化し、汚染された大気は南西モンスーンによって隣国のシンガポールやマレーシアをも覆い、健康への影響が懸念されるようになります。
昨日は数値が200越えの不健康レベルに達しました。わたしも主人も喉を痛めています。ヘイズに加え、ペストコントロール(害虫駆除)もあちこちで見かけます。煙が漂ってきて吸いたくないし、息子にも吸わせたくない。だって虫を駆除する薬って人体に悪いに決まっている。でも、それを撒かないと熱帯雨林気候の国ではデング熱やら感染症が怖い。仕方ない一面もあるのよね。。
e0354452_12045580.jpg
シンガポールは高いビルが並ぶ都会。密集しているから便利だし、食べ物も世界各国なんでも食べられる。優しい人が多いし、治安も良い。日本人には住みやすい国のひとつではないでしょうか。私も来星して2か月とは思えないほど、違和感なく普通に暮らしています。でも、ヘイズのことは住むまでこんなに深刻だとは知らなかった。私は自然と寄り添うような街が好きだから、正直あまり好みではありません…笑。時々は人工的なシンガポールを脱出して、自然界からエネルギーチャージをしに行きたいなぁと思っています。来月はオーストラリア旅行を計画中。たくさん美味しい空気を吸ってきたるで〜。ふっふっふっ。
e0354452_12244162.jpg
最近の息子ちゃん。先週夜中に発熱。幼稚園を休み、小児科にかかりました。熱があるのに遊びたがるのでモール内で少し遊ばせました。が、しかし…。家に戻り、しばらくしてからマーライオンのごとく、口から昼ごはんを吐きました。そこから吐き続けること7回。さすがに膝枕でぐったり。不機嫌な息子ちゃんを看病しながら、なんとか洗濯をしつつ、床やベッド、ソファーを掃除して母もくたくた。翌日は再び小児科へ。座薬の吐き気止めをもらい注入してみました。なんとか薬が効いて、一瞬落ちつきましたが。薬が一錠しか処方されておらず…涙。その後、5日間は吐き続けました。かわいそうな息子ちゃん。3連休はお出かけできずでした。

今週から幼稚園に復帰!!!
元気になって良かった〜(^-^)

ママもくたびれたので、やっと自分にご褒美です。
昨日はインド人先生のヨガクラスへ。
毎回、目からウロコのポーズが続きます。
腹筋をかなり刺激したので、今日は腹筋痛が良い感じにきておりますよ〜。
e0354452_12393887.jpg
ヨガ後のランチ会。このチキンはカレー味で美味しかった〜!ヨガトークに皆さんの駐在体験記、仕事について話に花が咲く咲く。あっと言う間に息子ちゃんのお迎えタイムになりました。

シンガポールに来るまで知らなかったことの二つ目。駐在員の妻がフリーランスで働くには大きな壁があるということ。私はこの国に住む外国人だから、この国のルールのなかで暮らす以外にありません。お仕事をがんばっている主人の足を引っ張るようなことだけは決してしたくない。大好きな家族を傷つけてまでやることはありません。ヨガの仕事は好きでやってきたから残念ですが、これはがりは仕方ない。

今までヨガと育児ばかりに集中してきたので、これを機にやりたかったことを片っ端からやってやろうと企み中です❤︎インストラクションを忘れないよう、たまにボランティアでやらせて頂こうかしらね〜。
006.gif


[PR]
by yoga_family | 2015-09-15 11:57 | 日々の生活@シンガポール

素☆

いまの平和な暮らしを知っている方は、きっとおどろかれるに違いありません。
e0354452_16123413.jpg
私はいわゆる毒親のもとで大人になりました。理不尽なことで罵倒され、なんど悔し涙を流したことか…数えきれません。人間の尊厳を傷つけられるようなことは、日常茶飯事に起こります。いつだってココロはくたびれ、傷だらけでした。親子関係で悩み消費したエネルギーは計りしれません。おおげさではなく、何の自由もありませんでした。友達付き合いでさえ、制限され反発した10代。20代になってもエスカレートするばかりで好きな人とも、度々引き裂かれました。

こうして文章に書くことが出来ても、ひとに話すことは稀。詳しく話せば話すほど、聞いている方が絶句してしまうからです。そりゃあ、気持ちわかります。信じらないし、想像がつかない世界なのです。

今でも確執は残っています。過去に向き合い、理解しようと努力した時期もありました。親もひとりの人間で未熟な部分があっただけだと…。離れて暮らしていれば被害は少ないですが、今でも悲しい出来事が起きる。もうすっかり良い歳になりましたが、理解の範疇を超えてしまうこともあります。自分が親になった今、子育ての大変さも身にしみて知りましたが…。感謝できる部分あれど、お互いに真の理解は無理だなぁと実感しています。

でも、それで良い!(^-^)

血がつながっているから、分かり合えるとは限らない。血がつながっていなくても、分かり合えることもある。そうなってくると…
家族って、そもそも何なのか?
と思ってしまいます。
血縁がなくたって本物の家族になれる。

私なりの結論ですが…
家族をつなぐものは、血でもなく
愛って一言は、非常に奥深いです。
相手を尊重し、思いやる。
 
それは夫婦でも親子でも友人でも、同じかもしれない。ずっと色褪せることなく続いていく愛情の連続が、やがて絆となり、深いところでつながっていく。
家族って自分でつくるもの、生みだせるもの。

私が生きる希望を失わなかったのは…
たぶん、根っからの楽天家だから。
どんなに辛いことがあっても夜空を見上げて、星を観察すれば楽しい気分になってくる。小さい頃からそうでした。つらいときこそ、たくさん笑う。笑わないとやっていられないから。 無理している訳ではなく、笑ってしまうのです(本能で)。

人の数だけ人生がある。
どんな方にも、つらいこと、苦しいこと、程度の差はあれど起きるでしょう。そういうとき…
どれだけ闇のなかに光を感じとれるか?
それが生きる強さになるとおもうのです。尊敬する幼稚園の園長さんも同じようなことをおっしゃっていました。

暗闇を知らなければ、光のなかにいることさえ気づかない。暗闇を知っているからこそ、光に気づき光の有難さを知ることができる。同じ環境に身を置いたとき、どの方向をみるか…で人生は変わっていきます。

何も変わらないようにみえる毎日は、着実に変化をしていて(諸行無常)。日常の小さな場面ひとつひとつが、かけがえのない一瞬であることを感じながら、歳を重ねていきたいものです。

いまがいちばん幸せ(^^)

残りの人生で、そうおもえない場面も出てくるかもしれません。その時は一生懸命、星を探して生きていこうとおもいます。

最後に…ぐーたらママさんでもたくさん愛をくれる息子ちゃん、ワガママ妻でも許してくれる旦那さんに。

いつもありがとう(^ ^)
大切な宝物にめぐり会えたママは最高に幸せ者です。

e0354452_16080429.jpg
LOVE053.gif

[PR]
by yoga_family | 2015-09-10 14:32 | My Life☆

ヨガ歴☆

e0354452_00160266.jpg
ヨガとの出会いは、かれこれ10年以上前になります。その頃の私は人生のどん底にいました。持病のアトピーが火山のように爆発し、日常生活を送れないほど無残な姿に。服を着るのも、お風呂に入るのも、目を開けるのも、口を動かすのも辛かった。アトピーを根から治す薬はなく、症状を抑えるステロイドを使い続けた結果でした。そう、依存していた薬が効かなくなったのです。慢性病に西洋医学の限界を感じ、民間療法や鍼灸、ありとあらゆるものにトライしました。いちばん効果があったのが温泉。当時は表皮が剥がれている状態でしたから、温泉は気持ち良いわけもなく痛いだけ。でも、温熱効果で新陳代謝が活発になり皮膚の再生が良くなりそうな手応えを感じ、会社も辞め、実家を出て、ひとり草津の山奥で修行僧のような生活をはじめました。

そこで偶然の出会いもあり、草津で時間湯という荒治療をすることに。1日4回、47度くらいのお湯に3分入ります。足はやけどのように湯焼けをし、チーター柄になりました。しかし、熱くて痛いくらいのほうが痒いよりましだった。空気に触れることすら辛かった当時のわたしに怖いも何もありません。とにかく必死でした。

そんな草津での生活が続き、少し落ち着いてきた頃に一冊のヨガ本を買いました。自分の身体を何とかしたいという気持ちから手にした本。見よう見まねで狭いアパートで、ひとりヨガを初めてみました。身体が変わっていくプロセスにはまり、おたくのように毎日決まったポーズを積み重ねる。昨日と今日の自分の身体の状態の違いに気づき、調整する。身体だけでなく気持ちも前向きになる。気がついたら、ヨガに夢中になっていました。

mustではなくneedだったから、自然と続けらたのだとおもいます。その結果、まず生理不順と生理痛がなくなりました。満月の日に生理がくるという自然の理にかなったサイクル。そして、胃腸も活発になり便秘もなくなりました。アトピーは完治はしていないけど、薬に依存せず生きていけるように。薬がないと不安だった頃にはない精神的な自由でした。ヨガをして自分と向き合う日々。ポーズをしながら感覚に意識を向け、自分と対話重ねる。もうヨガをすることが生活の一部になっていきました。

そんな20代を経て、29さいで結婚。主人はすべて見守り遠くから応援してくれた人生の恩人です。新婚生活は赴任先のロサンゼルス。スタジオに通い、たくさんの先生の指導をうけるチャンスに恵まれました。日本人先生の元でティーチャートレーニングを受け、全米ヨガアライアンス200時間を取得。その後、LAに住む日本人を対象とした小さなヨガ教室をはじめました。

帰国後は、骨盤調整ヨガ講師養成プログラムや陰ヨガティーチャートレーニング、マタニティヨガ講師養成プログラムを取得。妊娠、出産でしばらくお休みをしていましたが、息子が6か月の頃にママヨガサークルを立ち上げました。ママがほっと息抜きできる空間、時間を作りたいというおもいから始めました。また、ひょんな出会いからNPO法人 立川こども劇場さんとコラボをして別室託児つきヨガ、親子ヨガクラスを担当させていただくことに。同じ時代に子育てするママ達とヨガをシェアし、子育てをシェアし、たくさんの出会いに恵まれました。とても、とても楽しかったです。

まだまだ、これからと思っていた矢先に…
転勤となり今はシンガポールでヨガライフを送っています。こちらでクラスを開講するかどうかはまだ未定ですが、やはりヨガを伝えることは好きだからチャンスがあればやりたいなぁとイメージを膨らませています。まずはインド人先生の元で体幹を作り直しつつ、気が熟すまでシンガポール生活を楽しんでいきたいとおもいます。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。ナマステ(^ ^)





[PR]
by yoga_family | 2015-09-07 22:56 | ヨガプロフィール

息子ちゃん、幼稚園に通いはじめて半月くらい経ちました。別れ際に泣いたのは1週間ほどで今では自ら教室に入っていき、ママにバイバイしてくれます(^-^)
幼稚園でたくさん歌を覚えて帰ってきては、家で披露してくれる息子ちゃん。楽しそうに歌をうたう姿に母はメロメロです。親バカですいません。

そして、先週の金曜日はTeachers Dayで幼稚園はお休みでした。先生への感謝の日です。前日にささやかなプレゼントを渡しました。
e0354452_21532769.jpg
まだ給食は口に合わず、嘔吐することが多々あります。昼寝が短いのも、お昼を食べておらず空腹感があるからでは?!と先生。給食を食べることが出来なかったときのためにオニギリを持たせることになりました。

いつも迎えに行くと全速力で走り、わたしの胸に飛び込んでくる息子ちゃん。この瞬間がたまらなく好きです♡

こちらに来て、今日で2か月。
そろそろ、マーライオンでも見にいくか〜ということで週末は家族でマリーナのほうへお出かけしました。
e0354452_22033482.jpg
e0354452_22035450.jpg
べたべたなポーズをやってみたくて撮りました…笑!
その後は近くのフラトンホテルに行き、フラトンベアとご対面。思ったより大きかった〜。
e0354452_22063730.jpg
タクシーでマリーナベイサンズに移動。鼎泰豊でお腹を満たしてから展望台へ。
e0354452_22080726.jpg
e0354452_22083006.jpg
このところ、ヘイズの影響で喉を痛めています(T ^ T)
こんなに視界が悪いとは…モヤがすごい。
夜景はもっと綺麗なんでしょうね。まだ2歳の息子ちゃんがいるから夜景は拝めないけど、マリーナ散策をして楽しい時間を過ごせました。パパと息子ちゃん、ありがとう。

おまけ。Spot Lightというお店で好き放題やる息子ちゃん。どこに行っても遊びにしちゃうのよね。やはり、お買い物はひとりで行くことにします…笑。
e0354452_22101747.jpg

[PR]
by yoga_family | 2015-09-07 21:45 | 日々の生活@シンガポール

ヨガと子育て、シンガポール生活について気ままに更新中です。